outdoorで撮影した写真の収録と記録


by outodoor

カテゴリ:黒岳( 1 )

黒岳(2006.08.27)

AM6:30頃より上り始めて、朝日が木々の間から差し込んでとても爽やかだ!
このコースは20年以上も前に3回、前岳あたりまで来たっきりでそれ以来である。 こんなにいいコースだったとは、あらためて思った!
ここは、九重連山の東側で新生代時代にマグマが急激に冷やされて出来た、安山岩、流紋岩、玄武岩、等の火山岩がまるで積み木崩しの様に積み重なって出来た、言い換えれば火山岩の山だろう。 祖母、傾山系はもっと古く古生代で火山の面影も今では無く、渓谷地帯ではマグマが地下深くで時間をかけて冷えて出来た、深成岩である花崗岩が浸食作用で地表にむき出しになっている。
それに比べると、ここ黒岳の積み重なった火山岩は遠い過去に、大船山あたりの大爆裂により湧き出したマグマが急激に冷却されて固まった後に、地殻変動による隆起等で亀裂や崩れ、吹き飛びが有り今の火山岩の山が出来ただろう様子が手に取るようにうかがえる!

岩と岩の間には風穴が無数に出来て土が少ないせいか、あまり大木は育っていない様であるがそれが又かえって良く、日本庭園の原点がここにある様だ!
そして風穴からは夏は冷風が噴出し大変気持ちがよい!
岩も程良い ざらつきで足がかり手がかりが良く、登りやすい。 登りもぐいぐいと高度を稼いで、遠くの由布山や花牟礼山が姿を変える所などは、登っている実感が沸いて素晴らしい!

湿度と日当たりのバランスも良く、岩には万年ゴケ(オオスギゴケなど)がびっしりと成長していて黒岳の個性を出している(^o^)
あらためて良い山である事を実感した。


黒嶽荘登山口
f0039234_19244289.jpg




f0039234_19245927.jpg



シャクナゲ
f0039234_19251263.jpg



イタヤカエデ等
f0039234_19252842.jpg



リョウブとウグイスの幼鳥
f0039234_19254287.jpg



由布山
f0039234_19262176.jpg




f0039234_19264351.jpg




f0039234_1927113.jpg




f0039234_19271884.jpg




f0039234_19273972.jpg




f0039234_19275711.jpg



ヤシャブシ
f0039234_19281113.jpg




f0039234_19283738.jpg




f0039234_19285354.jpg



花牟礼山
f0039234_19291059.jpg




f0039234_19292699.jpg




f0039234_19294979.jpg



三俣山
f0039234_19301188.jpg



天狗岩
f0039234_19302720.jpg




f0039234_19304518.jpg



三俣山
f0039234_1931030.jpg



高塚より天狗鼻
f0039234_19312192.jpg



ソババッケ
f0039234_19313776.jpg

[PR]
by outodoor | 2006-09-01 19:31 | 黒岳